概要
赤十字

人間の体内には、細胞膜やホルモンの原材料、胆汁酸の原材料を作る「コレステロール」というものがあります。
このコレステロールの働きによって、筋肉が作られたり、栄養分が分解されたりして、健康を維持する事ができます。

健康に良い働きをするコレステロールですが、中には「悪玉コレステロール」と呼ばれる健康被害を及ぼすコレステロールもあります。
悪玉コレステロールが体内で大量に増加してしまうと、血管が溜まってしまい、動脈硬化を進行させてしまう恐れがあります。

コレステロールの数値検査にて、悪玉コレステロール数値が高ければ、生活習慣を改善させる必要があります。
規則正しい生活をしていれば、数値も正常化していき、動脈硬化が起こる心配もなくなります。
睡眠不足の解消や、適度な運動も、悪玉コレステロールの数値を下げる良い作業になりますが、食事改善をすれば、更にコレステロール値を良くする効果が見られます。
中性脂肪が増えすぎてしまうと、悪玉コレステロールを増やす原因になってしまうので、日頃から動物性脂肪を抑えた食事、不緩和脂肪酸中心の食事を取り、中性脂肪を増やさないようにします。
食事改善をするだけでも、悪玉コレステロールの数値は下がり、健康な身体を維持する事ができます。
食事改善は、悪玉コレステロールを改善するだけではなく、様々な病気を予防する事にも繋がります。

悪玉コレステロールを下げる方法としてまず挙げられるのが、食事改善ですが、それでも改善が見られなかった場合は、サプリメント等の健康食品を利用します。
健康食品では、普段の食事ではなかなか摂取する事のできない成分が豊富に含まれています。
サプリメントといった健康食品であれば、カプセル状、粉末状と摂取しやすく作られているので、仕事が忙しくてなかなかきちんとした食事が出来ていない方でも、手軽に栄養を摂取する事ができます。
健康食品は、簡単に栄養の補給ができますが、健康食品だけに頼るのも良くありません。
適度な運動、規則正しい食生活をせずに健康食品を摂取しても、効果は見られないので要注意です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930